LCCを超えたサービスを提供するスターフライヤー

- LCCを超えたサービスを提供するスターフライヤー

LCCを超えたサービスを提供するスターフライヤー

2017年12月19日 4:02 PM

国内を飛行機で移動しようとした場合の手段として、近年はLCCが人気です。
LCCの魅力は何といってもやはり運賃の安さでしょう。
大手航空会社が大幅な割引サービスを提供していたり街のチケットショップが格安航空券を販売していても、料金だけを見ればLCCにはかないません。

LCCは安いけれども…

しかしながら、LCCを利用した人の中にはもう2度と乗りたくないと思う人もいるようです。
その理由の多くは、一般の大手航空会社とサービスやシステムが大きく異なる点です。
たとえば、最もよく耳にするのが座席の狭さです。
また、機内食やドリンクのサービスはなく有料であるということや映画や音楽といった機内エンタメがない点も挙げられます。
他にも、機内預け荷物にお金が掛かるのもデメリットのひとつと考える人も少なくありません。
運賃が安くてもそれらの点は充実させてほしいという人にLCCは適していませんし、国内の移動なんて時間が短いから、座席が狭くても機内食やドリンク、エンタメがなくても料金が安いほうがいいという人ならLCCはおすすめです。

スターフライヤーはANA傘下

このように大手航空会社とLCCではサービスとシステムが大きく異なり、どちらを選ぶかによって待遇が大いに変わってしまうのです。
中には、一般の航空会社ほどのサービスは必要ないけれども、LCCでは物足りないからこれらの中間くらいのサービスが受けられたらなあ…と思っている人も少なくないのではないでしょうか。
そんな声に応えるがごとく存在しているのが、スターフライヤーなのです。
スターフライヤーは、九州を拠点とするANA参加のLCCです。
東京・羽田―北九州を主力路線として、羽田から福岡、山口・宇部、大阪・関西などに就航しています。
ANA傘下なので多くの便がANAとコードシェアをしていることもあり、そのサービスはいわゆる「ANAテイスト」です。
つまり、LCCとは一線を画して一般の航空会社に近いサービスを提供しているのです。

一般のLCCとは異なる優れたサービス

座席数が150席と一般のLCCよりも少ないので足元に余裕があるだけでなく、すべて高級感のある黒の革張りとなっています。
また、液晶モニターやフットレストが装備されているので映画や音楽などのエンタメを楽しむことができますし、USBポートやACコンセントが設置されている点も大きな相違点です。
機内食は提供されませんが、コーヒーをはじめとするソフトドリンクは無料です。
機内預け荷物も20㎏まではお金は掛かりません。

このように一般的なLCCのワンランクもツーランクも上を行くスターフライヤーが、9年連続して国内線における顧客満足度第1位を獲得しているのも納得ですよね。
国内で飛行機を利用する際に格安航空券を探すのもいいですが、スターフライヤーの利用も候補に挙げてはいかかでしょうか。

Copyright(C)2017 格安航空券の中でも人気のスターフライヤー!その秘密とは? All Rights Reserved.