他のLCCとは違う料金体系

- 他のLCCとは違う料金体系

他のLCCとは違う料金体系

2017年12月31日 3:58 PM

近年出費を抑えて飛行機に乗る方法として最も多くの支持を集めているのが、LCCの利用ではないでしょうか。
LCCならばチケットショップで格安航空券を買ったり大手航空会社の「早割」チケットを手に入れるよりも安価に飛行機に乗ることができます。

ANA傘下のLCC スターフライヤー

そんな人気にあわせて数多くのLCCが出現してきていますが、そんな中でも他のLCCと一線を画するのが「スターフライヤー」です。
スターフライヤーはANA傘下のLCCで、東京・羽田―北九州をはじめとして羽田から福岡や山口・宇部、大阪・関西などの路線があります。
これら国内の便はほとんどがANAとコードシェアをしていることもあって、他のLCCとは料金体系やサービス内容などが大いに異なるのです。
ここでは、スターフライヤーの料金体系を他のLCCとの違いを主に見ながら紹介していきましょう。

スターフライヤーの料金体系

まず一般的なLCCの運賃は、予約状況にあわせて日々変動していくスタイルを採っています。
搭乗日のかなり前に「キャンペーン」などの理由で格安航空券を売り出すこともありますが、基本的には搭乗日までの日にちが多いほど高く、日にちが迫っても座席が残っているなら格安な金額で売りさばこうとします。
これは大手航空会社とは逆の考え方です。
大手航空会社では「早割」といわれる早期予約購入割引サービスを提供しているように、搭乗日まで期間が長いほど安く航空券が手に入ります。
搭乗日までの日にちが近づくにつれてだんだんと値段が高くなるというスタイルです。

スターフライヤーはこの大手航空会社と同じような運賃サービスを採っています。
たとえば「そら旅」という早期予約購入サービスがそれで、最もお得になるのが「そら旅80」です。
これは搭乗日の80日前までに予約・購入をすることを条件として、最大で普通運賃の75パーセント割引を受けることができます。
また「そら旅60」「そら旅45」「そら旅28」「そら旅21」など、事前に予約購入することで割引価格で航空チケットを購入することも可能です。
さらに、搭乗日の間際でもお得になるサービスもあります。
それが「STAR7」で、搭乗の7日前までに予約・購入すれば、路線や日にち、時間帯などによって異なりますが最大70パーセントほどの割引を得ることができます。

他にも、学割やシニア割引、身体障碍者割引、地元福岡や大分、山口に居住する人を対象にした割引などのユニークな割引制度もあります。
このようなスターフライヤーの他のLCCとは異なる料金体系を利用すれば、国内の飛行機移動が快適且つリーズナブルにできることでしょう。

Tags: | Categories :日記

Copyright(C)2017 格安航空券の中でも人気のスターフライヤー!その秘密とは? All Rights Reserved.