スターフライヤーとジェットスターを比較する

- スターフライヤーとジェットスターを比較する

スターフライヤーとジェットスターを比較する

2017年12月19日 4:02 PM

近年はなるべく安い支出で国内を飛行機で移動しようとした場合の手段として、LCCを利用する人が増えています。
一般の航空会社の提供する「早割」といった早期予約購入割引サービスよりも、街のチケットショップなどで手に入れることのできる格安航空券よりも安く飛行機の乗れるという点が大いに支持されています。

スターフライヤーとジェットスターの路線の違い

しかしいざLCCを利用しようとした際に、その数の多さからどれを選べばいいのかわからないという人も少なくないようです。
ここでは、そんな数あるLCCの中からスターフライヤーとジェットスターの2つについて比較・検討するので選択の際の参考にしてみてください。
まずスターフライヤーは北九州空港を拠点とし福岡空港を中心とした路線を展開していますが、他にも羽田や山口宇部、関西などにも路線を持っていますし、名古屋セントレア空港から福岡への便もあります。
ジェットスターは成田および関西空港に拠点を置いており、福岡や沖縄那覇、新千歳など日本各地へ就航している他、名古屋セントレア空港からも福岡や那覇、新千歳などが発着しています。
このように、路線数を見ればジェットスターのほうが多くの路線を持っているので行き先の選択肢が多いという点においては使い勝手がいいといえるかもしれませんね。

スターフライヤーとジェットスターの料金の違い

では料金に関してはどうでしょうか。
スターフライヤーでも早期予約割引サービスを実施しており普通運賃よりも安く利用することができるのですが、それを利用してもジェットスターのほうが安くなります。
たとえばスターフライヤーでは、最も割引率の高い80日前の早期購入割引を利用したとしてもジェットスターの普通運賃よりも高くなってしまいます。
これはすべての路線に関していえるようなので、とにかく安く飛行機を利用したいというならジェットスターを利用することをおすすめします。

スターフライヤーとジェットスターのサービスの違い

このように路線の数および料金に関してはジェットスターのほうが有利ですが、サービス関係においてはスターフライヤーのほうが優れているといえるでしょう。
最初に座席です。
スターフライヤーの座席は間隔が国内線で最も広く、また黒の革張りという重厚感のあるものです。
またフットレストやヘッドレスト、コンセント、USB端子などがそれぞれの座席に設置されています。
ジェットスターにも足元の広い座席はありますが、有料です。
機内預け荷物はスターフライヤーは20㎏まで無料で預けられますが、ジェットスターでは預け荷物は有料となります。
機内持ち込み荷物もスターフライヤーのほうが大きさ、重さとも制限は厳しくありません。

国内を飛行機で移動する場合には、こういったLCCの特徴も知ったうえで格安航空券を手に入れるかLCCを選ぶかといった判断をすることをおすすめします。

Copyright(C)2017 格安航空券の中でも人気のスターフライヤー!その秘密とは? All Rights Reserved.